未分類のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:未分類

未分類のカテゴリ記事一覧。政治,経済,社会,ニュースを中心とした2ch.scやツイッターまとめ

2015-02-09未分類
大橋巨泉が爆弾発言!「テロリズムを一方的に責められるだろうか?」 出典:探偵Watch 2015年02月08日 Photo:大橋巨泉氏と「『週刊現代』2015年2月14日号」の記事 『週刊現代』2015年2月14日号の連載「今週の遺言」で大橋巨泉氏が、テロリズムについての持論を展開している。 (中略)大橋氏が参議院議員だった時、9.11同時多発テロが発生した。米国政府を支持するだけではテロは根絶できないと考え、大橋氏...

記事を読む

2015-02-08未分類
大使館のお知らせ 出典:駐 東京トルコ共和国大使館 2015年02月06日 Photo:[駐 東京トルコ共和国大使館]より 在京報道各社各位 , 06.02.2015 前略 シリアで日本人が殺害されたことに深い悲しみを覚えています。御親族並び日本国民へ追悼の意を表します。この卑劣なテロ行為は断じて許されるものではありません。 一方、人口の殆どをイスラム教徒が占める国が世界に50カ国以上あり、世界中に15億人のイスラム教徒がいます...

記事を読む

2015-02-07未分類
「『2億ドル拠出』と言った首相に問題」 社民・福島氏らが批判 出典:産経ニュース 2015年02月07日 Photo:[ツイッター]より  自民党の小野寺五典(いつのり)元防衛相、民主党の大野元裕元防衛政務官、社民党の福島瑞穂前党首が7日の読売テレビ番組で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害したとされる事件について議論した。福島、大野両氏は安倍晋三首相や政府の対応を批判し、小野寺氏はこれに...

記事を読む

2015-02-07未分類
ISILのテロで思い出される“イラク3馬鹿”の罪と現在 出典:DMMニュース/livedoor 2015年02月07日 Photo:プロ市民「小泉さん身変わりにイラクへ行って」  「イスラム国」(ISIL)による邦人2名殺害の悪夢は、いまも覚めやらない。犠牲者の冥福を祈ると共に、ISILへの世界の怒り(注1)も日ごと高まっている。  2004年10月末のイラクでも、そうだった。<イラクの聖戦アルカイダ組織>を名乗るグループが、日本人青年Kさんを拉...

記事を読む

2015-02-07未分類
テロリストの“代弁者”たちに要注意 対「イスラム国」で効果的な兵糧攻め 出典:ZAKZAK 2015年02月06日 Photo:[なんでも官邸団]より (前略) 相手が「国」でないために、直接的な外交関係はありえない。そもそもどのような組織形態であるのかさえわからない。従って、交渉や話をするにしても、誰とやればいいのかさえわからない。しかも、テロ集団であるので、一般の常識が通用せず、通常の話ができる関係にはそもそもなりえな...

記事を読む

2015-02-05未分類
田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えてしまった安倍外交」 出典:dot.ドット 朝日新聞出版 2015年02月05日 Photo:[news.livedoor]より  ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍首相の今回の中東歴訪は配慮が足りなかったとこう語る。 (中略) エジプトやヨルダンは中東の中でも突出した親米国であり、イスラム国から嫌悪されている国である。そのうえ安倍首相はイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、イスラエル...

記事を読む

2015-02-05未分類
「ジャーナリストが現場に行くことを許さない雰囲気がある」人質事件をどう考えるか? 出典:弁護士ドットコム/yahoo 2015年02月04日 Photo:記事とは別[YouTube FukushimaMizuho]より 中東の過激派組織「イスラム国」による日本人人質の殺害を受け、緊急集会「私たちは人質事件をどう考えるか」が2月4日、東京・永田町で開かれた。会場の参議院議員会館講堂には、福島みずほ・社民党副党首の呼びかけで約150人が集まり、ジャ...

記事を読む

2015-02-04未分類
【イスラム国事件】高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった 出典:産経ニュース 2015年02月04日 Photo:[毎日新聞]より  自民党の高村正彦副総裁は4日午前、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に殺害されたとみられるジャーナリストの後藤健二さんについて「日本政府の3度の警告にも関わらず支配地域に入った。どんなに優しくて使命感が高かったとしても、真の勇気でなく『蛮勇』というべきものだった」と...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【安倍憎んでテロ憎まず】大橋巨泉「テロリズム、一方的に責められない」「邦人殺害、安倍政権がまいた種」=大金持ち、格差を語る

  •  投稿日:2015-02-09
  •  カテゴリ:未分類
【安倍憎んでテロ憎まず】大橋巨泉「テロリズム、一方的に責められない」「邦人殺害、安倍政権がまいた種」=大金持ち、格差を語る 大橋巨泉が爆弾発言!「テロリズムを一方的に責められるだろうか?」
出典:探偵Watch 2015年02月08日
Photo:大橋巨泉氏と「『週刊現代』2015年2月14日号」の記事


『週刊現代』2015年2月14日号の連載「今週の遺言」で大橋巨泉氏が、テロリズムについての持論を展開している。

(中略)大橋氏が参議院議員だった時、9.11同時多発テロが発生した。米国政府を支持するだけではテロは根絶できないと考え、大橋氏は「同時多発テロに関する決議」に民主党でただ一人反対票を投じたという。貧困と所得格差という「テロの原因を追究し、その解決を図る」という文言を入れることを提案したが実現せず、決議に反対したとのこと。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【トルコ国営放送】日本マスコミに「イスラム国」から「ISIL」「DAESH」等へ呼称変更を要望 イスラム教徒=悪人を連想

  •  投稿日:2015-02-08
  •  カテゴリ:未分類
【トルコ国営放送】日本マスコミに「イスラム国」から「ISIL」「DAESH」等へ呼称変更を要望 イスラム教徒=悪人を連想 大使館のお知らせ
出典:駐 東京トルコ共和国大使館 2015年02月06日
Photo:[駐 東京トルコ共和国大使館]より


在京報道各社各位 , 06.02.2015

前略

シリアで日本人が殺害されたことに深い悲しみを覚えています。御親族並び日本国民へ追悼の意を表します。この卑劣なテロ行為は断じて許されるものではありません。

一方、人口の殆どをイスラム教徒が占める国が世界に50カ国以上あり、世界中に15億人のイスラム教徒がいます。イスラム教は平和を訴え、平和に呼びかける宗教であり、まさに「イスラム」という言葉自体の意味も平和であります。イスラム教もイスラム教徒もテロと何ら関係がなく、テロを非難するものであります。

今回の事件でもイスラム諸国とその国民が様々な形でこの卑劣な蛮行を強く非難しました。しかし、日本のマスメディアが最近の報道のなかで、この蛮行に及んだテロ集団を「イスラム国」と表現していることが非常に残念であり、誤解を招きかねない表現であると強く認識しています。テロ集団の名称として使われるこの表現によって、イスラム教、イスラム教徒そして世界のイスラム諸国について偏見が生じ、日本滞在のイスラム教徒がそれに悩まされています。いわば、これも一種の風評被害ではないかと思われます。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISILの代弁】福島瑞穂「2億ドル拠出と言った首相に問題」=「ISILと歌って踊って仲良くしろ」ってか!?

  •  投稿日:2015-02-07
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】福島瑞穂氏「歌とダンスで楽しく戦争反対!!」 「『2億ドル拠出』と言った首相に問題」 社民・福島氏らが批判
出典:産経ニュース 2015年02月07日
Photo:[ツイッター]より


 自民党の小野寺五典(いつのり)元防衛相、民主党の大野元裕元防衛政務官、社民党の福島瑞穂前党首が7日の読売テレビ番組で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害したとされる事件について議論した。福島、大野両氏は安倍晋三首相や政府の対応を批判し、小野寺氏はこれに反論した。

 福島氏は「イスラム国と敵対する国に2億ドル拠出すると言った首相は少し、2人の身柄が拘束されている中では問題があった」「『テロとの戦い』と、米国と一体となって『やっつけるぞ』とやると、(イスラム国側には)日本がある意味スタンスを変えたと見える」などと主張した。 [抜粋]

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【イスラム国 ISIL】思い出される“イラク日本人人質事件”の罪と現在 「生きているうちは治らないものなのか」=DMMニュース

  •  投稿日:2015-02-07
  •  カテゴリ:未分類
【イスラム国・ISIL】思い出される「イラク3馬鹿」の罪と現在 「生きているうちは治らないものなのか」 ISILのテロで思い出される“イラク3馬鹿”の罪と現在
出典:DMMニュース/livedoor 2015年02月07日
Photo:プロ市民「小泉さん身変わりにイラクへ行って」


 「イスラム国」(ISIL)による邦人2名殺害の悪夢は、いまも覚めやらない。犠牲者の冥福を祈ると共に、ISILへの世界の怒り(注1)も日ごと高まっている。

 2004年10月末のイラクでも、そうだった。<イラクの聖戦アルカイダ組織>を名乗るグループが、日本人青年Kさんを拉致してイラクからの自衛隊撤退を要求。「テロリストと交渉せず」の原則を守った当時の政権(小泉純一郎首相)にアテつけるように、テロリストたちはKさんを斬首して殺害した。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL掃討】テロリストの“代弁者”たちに要注意 「安倍政権打倒」で「イスラム国」に便乗

  •  投稿日:2015-02-07
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL掃討】テロリストの“代弁者”たちに要注意 「安倍政権打倒」で「イスラム国」に便乗 テロリストの“代弁者”たちに要注意 対「イスラム国」で効果的な兵糧攻め
出典:ZAKZAK 2015年02月06日
Photo:[なんでも官邸団]より


(前略) 相手が「国」でないために、直接的な外交関係はありえない。そもそもどのような組織形態であるのかさえわからない。従って、交渉や話をするにしても、誰とやればいいのかさえわからない。しかも、テロ集団であるので、一般の常識が通用せず、通常の話ができる関係にはそもそもなりえない。

 その上で、政府関係者からの話によると、危機管理の立場からみれば昨年に拘束された段階で難しい事案にすでになっており、覚悟せざるを得なかったようだ。今年1月に拘束された動画が公開された時点では既に手遅れで、何をしても今回の悲劇的な結末は避けられなかったという意見が専門家の間では多数になっている。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人殺害事件】田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えた安倍外交」=ネット「ISISの広報担当なの!?」

  •  投稿日:2015-02-05
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人殺害事件】田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えた安倍外交」 田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えてしまった安倍外交」
出典:dot.ドット 朝日新聞出版 2015年02月05日
Photo:[news.livedoor]より


 ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍首相の今回の中東歴訪は配慮が足りなかったとこう語る。

(中略) エジプトやヨルダンは中東の中でも突出した親米国であり、イスラム国から嫌悪されている国である。そのうえ安倍首相はイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、イスラエルの旗をバックに固く握手して、「テロ対策に連携する」と述べた映像がユーチューブで全世界にばらまかれた。この映像は当然ながらイスラム各国の反発を呼ぶはずである。もちろん、イスラム国を強く刺激したに違いない。もっと言えば、イスラム国にとって、安倍首相の今回の中東歴訪が、日本に脅しをかける絶好のカードとなってしまったのではないか。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人殺害事件】志葉玲氏「安倍政権、全力尽くすフリ」「批判は当たり前」=福島瑞穂の呼びかけに約150人

  •  投稿日:2015-02-05
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人殺害事件】志葉玲氏「安倍政権、全力尽くすフリ」「批判は当たり前」=福島瑞穂の呼びかけに約150人 「ジャーナリストが現場に行くことを許さない雰囲気がある」人質事件をどう考えるか?
出典:弁護士ドットコム/yahoo 2015年02月04日
Photo:記事とは別[YouTube FukushimaMizuho]より


中東の過激派組織「イスラム国」による日本人人質の殺害を受け、緊急集会「私たちは人質事件をどう考えるか」が2月4日、東京・永田町で開かれた。会場の参議院議員会館講堂には、福島みずほ・社民党副党首の呼びかけで約150人が集まり、ジャーナリストや弁護士の話に耳を傾けた。

●「後藤さんの遺志を継いでいく」

「後藤健二さん、助けることができなくて、本当にごめんなさい」

ジャーナリストの志葉玲さんはそう切り出した。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人殺害事件】自民・高村副総裁、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった=“無責任野党”には言えない言葉

  •  投稿日:2015-02-04
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL事件】自民・高村副総裁、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった=無責任野党には言えない言葉 【イスラム国事件】高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった
出典:産経ニュース 2015年02月04日
Photo:[毎日新聞]より


 自民党の高村正彦副総裁は4日午前、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に殺害されたとみられるジャーナリストの後藤健二さんについて「日本政府の3度の警告にも関わらず支配地域に入った。どんなに優しくて使命感が高かったとしても、真の勇気でなく『蛮勇』というべきものだった」と述べた。党本部で記者団に語った。(中略)同時に「後藤さんの後に続く優しく使命感が高く、勇気のある人たちに対するお願いだ」とも述べた。 [抜粋]

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。