【小林彰太郎氏 死去】自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の創設者、自動車ジャーナリスト=提灯記事しか書かない多くの自称評論家と一線を画す

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【小林彰太郎氏 死去】自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の創設者、自動車ジャーナリスト=提灯記事しか書かない多くの自称評論家と一線を画す
  • ホーム
  • »
  • 社会
  • »
  • 社会・その他
  • »
  • 【小林彰太郎氏 死去】自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の創設者、自動車ジャーナリスト=提灯記事しか書かない多くの自称評論家と一線を画す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【小林彰太郎氏 死去】自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の創設者、自動車ジャーナリスト=提灯記事しか書かない多くの自称評論家と一線を画す

【小林彰太郎氏 死去】「CAR GRAPHIC」の創設者 「カーグラフィック」初代編集長、小林彰太郎が死去…享年83歳

 自動車雑誌『カーグラフィック(Car Graphic)』(二玄社、その後カーグラフィック)の初代編集長であり、現名誉編集長の小林彰太郎氏が10月28日、死去した。享年83歳。

 小林氏は1962年、二玄社よりカーグラフィックを創刊、初代編集長の職に就いた。同誌は「暮らしの手帖」に範をとった消費者視点による独立カージャーナリズムという立場から、商品としての自動車のみならず、自動車が持つ社会的意義や道路行政にまで踏み込んだ幅広い評論活動を展開し、多大な支持を得た。就任後、27年の長きにわたり同職を務め、その後編集顧問、名誉編集長としてひきつづき自動車ジャーナリズムの一翼をになった。

 著書には『On the road―すばらしきクルマの世界』(二玄社)、『小林彰太郎の日本自動車社会史 』(講談社)、『昭和の日本 自動車見聞録』(カーグラフィック)など。翻訳書としてはポール・フレール執筆による『ハイスピード・ドライビング』『新ハイスピード・ドライビング』(二玄社)を手がけたほか、児童書の『じどうしゃアーチャー』(教育画劇)の監修などもおこなっている。


上記事の著作権は[Response ]に帰属します。

http://response.jp/article/2013/10/29/209510.html




















小林彰太郎の日本自動車社会史 [ 小林彰太郎 ]






2: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/28(月) 22:50:45.03 ID:???

◎参考/小林彰太郎氏の略歴(※Wikipediaからの引用のため、正確でない部分もあるかもしれません)

小林彰太郎(こばやし しょうたろう、1929年 - 2013年10月28日)は、日本の自動車
評論家である。自動車雑誌「カーグラフィック(CG)」(二玄社)の創設者であり、
現在は同誌編集顧問を務める。

東京都生まれ。ライオン株式会社を創業した一族の出身[1]。小学校から旧制高等学校まで
成蹊学園に通学した[1]。当時の多くの少年たちと同様、飛行機好きの「軍国少年」であった
ようである。第二次世界大戦の終戦間際には海軍技術研究所に動員され、中島十八試陸上
攻撃機「連山」の鋼鉄化にあたり、鉄の低温脆弱試験のための液体酸素を研究所まで運ぶ
仕事をしたという。

日本の敗戦後には連合国による飛行禁止令が出され、その後は自身の興味が飛行機から
自動車へと代わるようになった。初めて運転した車は陸軍の置き土産の「くろがね四起」だった。

東京大学経済学部在学中[1]には、アメリカ大使館付随の語学学校で大使館員に日本語教育を
するアルバイトを1年間行なった。その給料は当時の学生のアルバイトとしては破格だったと
いい、イギリス製の乗用車である1932年型オースチン・7を5万円で購入することによって、
本格的に車の世界へ入り込んだ。

1954年に大学卒業後、第二次世界大戦後初の本格的な自動車雑誌であった『モーターマガジン』
(日刊自動車新聞社)へ寄稿するようになり、『それでも車は動く』『ロードインプレッション』
などの連載が人気となった。また、日本国産車の発展を考え、それまでのタクシー専用車や
営業車の派生から決別した純オーナードライバー向けモデルの開発が必要であると主張した。

1961年『モーターマガジン』編集部員だった高島鎮雄、吉田次郎とともに、当時は書道専門
出版社であった二玄社(東京都千代田区)から、写真集「スポーツカー」を出版した。これが
もとで『モーターマガジン』誌との関係が悪化し、同様に同誌から退職することとなった高島
・吉田とともに同誌と絶縁した。

翌1962年4月、二玄社から『カーグラフィック[3]』を創刊した。創刊号では在日アメリカ軍人
から借用したメルセデス・ベンツ300SLロードスターで運輸省村山テストコースを180km/hで
走行してのロードテストを敢行した。

その後、フェラーリやフォード、日産自動車など1号ごとに自動車メーカー1社を特集する形
だった同誌は現在のような体裁と変化してゆく。1964年にはホンダのF1初参戦を取材するために、
発売直後のホンダ・S600をパンアメリカン航空のボーイング707型機でヨーロッパに持ち出し、
2ヶ月半で12,000kmを走破するなどした。

同誌では当初編集長を置かずに編集を行なっていたが、1966年、大病から復活した小林は二玄社
社長渡邊隆夫に同社取締役・初代編集長への就任を要請され、これを受諾した。編集長となった
小林のもと、同誌は日本を代表する自動車雑誌に発展した。

1989年4月『カーグラフィック』の編集長を退任し、その後は同誌の編集顧問として評論活動を
行っている。また対談や翻訳を含む多数の著書を持つほか、濱徳太郎、桃山虔一の後を承け、
日本クラシックカークラブ(CCCJ)会長を務める。2012年12月26日放送カーグラフィックTV
では、CG創刊50周年記念イベントにCG名誉編集長として出席したが、鼻腔にチューブを通して
酸素吸入を行なっていた。


3: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 22:53:25.68 ID:3SsS2HFI

日韓対決!
ヒュンダイで最速を誇るクーペ車が生き残りを掛けてライバル日本車に挑む。

ヒュンダイ ジェネシス クーペ VS 日産 GTR 加速対決!!
http://www.youtube.com/watch?v=KKJOaA8HdGM


必見!
どっちが速いか!


6: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 22:59:03.44 ID:urURUxk+

品のよさそうな人だな。
ゲームとかアニメしか趣味がないおれっちとは大違いだ。
ご冥福をお祈りします。


7: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 23:02:23.19 ID:jWdltRiG

戦後モータリゼーションの生き字引が逝ってしまわれたか…合掌


8: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 23:06:48.44 ID:mU/cHXV+

クラシックカー乗っても嫌味じゃないガチな上流階級だったな
合掌


113: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 05:29:35.93 ID:dZ7sPhT/

>>13>>15-17
>日本車のなかで最近乗って感心したのはクラウン。あのクラスでは世界一じゃないかな。
>造りのよさ、静かさ、高級感はロールスロイスが〝屁〟みたいに感じたよ。日本人的な
>神経の細やかさが滲みでていますね。
    ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/15855?page=8

評論は長所と短所両方書き並べて初めて成り立つ。提灯記事しか書かない自称評論家()
とは違い、小林さんは国産/輸入車分け隔てなく客観的なインプレッションを寄稿してたよ。
    ttp://www.webcg.net/articles/-/13134

旧友であったポールフレール先生と共に、永遠のグランドツーリングへ旅立たれましたか。
心よりご冥福をお祈りいたします。


120: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 07:31:19.82 ID:KCxtlOuI

>>113
ちょっと前の車雑誌(何だったか忘れた)で新型クラウンマジェスタを
ザ・ベストサルーン・インザワールドって評価してましたね

ご冥福をお祈りします


15: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 23:20:08.25 ID:S8awAZHV

日本車をコケにしまくる一方、外車を褒めちぎる
最低な雑誌だったよ。
大体、80年代後半からアメリカ人やドイツ人は
日本車、とくにトヨタをべた褒めしてるのにCGは・・・


17: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 23:27:55.03 ID:LiOh1gV+

舶来信仰の塊、というイメージしかないな。
国産はクソのように叩き、
欧州車は最初から誉める場所を探して乗るというバイアスのイメージ。


20: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 23:31:56.97 ID:KXbcz/8+

>>17  つまり、徳大寺と同類か。


18: 名刺は切らしておりまして 2013/10/28(月) 23:31:15.53 ID:dqQt2yrP

読者は社長や医者なんだからあたり前
お前らはベストカーでも読め
スバルやマツダをこれでもかと誉めちぎってるぞ


70: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 01:14:20.35 ID:9+ofuzkM

>>18
ワロたw
クニサワとかw


73: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 01:28:18.93 ID:E1J/oTkP

Gr.4~Gr.Bの時代、まともなWRCの記事を読めるのはCGくらいだったので買ってた


75: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 01:36:10.19 ID:8CUo0ZQi

当時のCGは公明正大で未来向いてる唯一の雑誌だった。
これこそ小林氏の功績


81: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 01:44:51.83 ID:gum3aLaG

小林さんは凄かったが後人がゴミのような人が多く、宗教になってしまったのが残念だった。
合掌


83: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 01:45:02.75 ID:xFcncY2b

CGの固形ワックスはよく使った。
某雑貨店で980円でたたき売りだったけど。
買値から考えたら十分満足な、いいワックスだった。


95: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 02:14:20.25 ID:UUUy2dlO

東大卒なのか。今と違って昔の東大だから、マジ頭良かったんだろうな。


107: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 04:08:32.40 ID:wGHOdDsn

>>95
旧制高校の世代だから、大学は今で言う進振りや内部進学みたいな感じ。
京大文系なら旧制高校卒業生は希望者全員合格(定員は無視)。


97: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 02:22:09.23 ID:Q7Hi/05n

日本車でもカペラ、コンチェルト、プリメーラとかマトモなクルマもあるにはあったが
日本では全然売れなかったじゃないか。


98: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 02:25:48.04 ID:RWZmbbcQ

>>97
5代目ファミリアは?カペラは売れなかったけど外国じゃ結構売れたような。
この時期のマツダ者は評論家筋にも評価高かったね。徳大寺も褒めてた。


105: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 03:26:33.27 ID:j1evrnxL

誰だっけ、やたら三角窓やサンルーフをベタ褒めする
ベビースモーカの評論家


111: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 05:14:38.92 ID:dGkax8jm

外車を知らないけど、日本のシートはいつも疑問に思う
ヘッドレストなんて用途わかって設計してるのかなて思う


112: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 05:26:05.60 ID:rRpzGo1Q

案の定、徳大寺を揶揄するレスが散見されるなw
あの爺さんはもう評論家としては完全に終わったわ
ベストカーのコラムとかやる気のなさ丸出しだもんな
読者の投書に対して適当に返事している感とか


114: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 05:49:03.62 ID:gmtsuQnp

自動車評論家はみんな50代だから、このじいさんが奴らの親父みたいな存在なんだろな


115: 医療関係者α ◆NZ37PS49CBFr 2013/10/29(火) 06:09:35.46 ID:9cJ+Uoxw

クラウンって今もエアサスなのかな
ふんわりしたのが好きか否かで分かれるよね
EVの時代には間に合わなかったか。テスラを体験してほしかった。合掌


116: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 06:21:10.08 ID:PQJzv1Sw

国産車など興味なしで端っから相手にせず、ヨーロッパ車はアバタもエクボで一貫してた。
その後の評論屋はコバショの遺産で食ってるようなもんだな。
ご冥福をお祈りします。


117: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 06:26:35.00 ID:hzcXyEbp

小林彰太郎の世界+徳大寺有恒との対話を買って読んだなあ。
普段はNAVI買ったりCGTV見たりでCGは読んでなかったけど。
あの本で車の楽しみ方というのはぜんぶ網羅していると思った。
特に、当時出ていたCARBOYとか、OPTION的なものは、
彼がやった楽しい事を追体験するための雑談だと思った。


124: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 07:45:52.57 ID:yzbOphwG

おっと超ビッグネーム、小林彰太郎さんか
ご冥福を祈ります

この国の自動車評論はどうなってしまったのだろう
最近は特に酷い。軽い。薄っぺらい。


125: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 08:04:19.76 ID:j1In4JZa

CGTVの軽自動車特集がトドメか


127: 名刺は切らしておりまして 2013/10/29(火) 08:31:26.24 ID:prv0Kdl7

徳大寺も評論じゃなくエッセイは面白いんだよねえ、車好きってのが伝わってくる
舶来車信仰はCGよりもカーマガとかモーターファンのほうがひどいだろうな
最近ではengineか?



編集元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382963909/
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。