【少年法実名報道】意識調査「法律で規制する必要ない」75.3% Yahoo!ニュース「みんなの投票」

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【少年法実名報道】意識調査「法律で規制する必要ない」75.3% Yahoo!ニュース「みんなの投票」
  • ホーム
  • »
  • 社会
  • »
  • 社会・その他
  • »
  • 【少年法実名報道】意識調査「法律で規制する必要ない」75.3% Yahoo!ニュース「みんなの投票」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【少年法実名報道】意識調査「法律で規制する必要ない」75.3% Yahoo!ニュース「みんなの投票」

【少年法実名報道】意識調査「法律で規制する必要ない」75.3% Yahoo!ニュース「みんなの投票」 少年事件の実名報道規制 変えるべきなのか
出典:Yahoo!ニュース意識調査 2015年03月15日
Photo:[FNNnews]より


 川崎市の中1殺害事件で、逮捕された18歳の少年の実名を3月5日発売の「週刊新潮」が掲載しました。少年法により少年事件の実名報道は規制されていますが、この規制は形骸化しているとの指摘もあり、議論が分かれています。
少年法第61条の意義とは

 少年法第61条は、未成年者が起こしたとされる犯罪について、本人を特定できる情報を出版物に掲載することを禁じています。少年の更生や社会復帰を妨げないようにするためです。川崎市中1殺害事件の「週刊新潮」の報道には、日弁連が「少年の実名等が報道に不可欠な要素とはいえない」などと抗議声明を出しています。

「週刊新潮」が18歳少年の実名を報道する理由 - BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり(2015年3月4日)

週刊新潮の「少年実名報道」に日弁連会長が遺憾声明「報道に不可欠ではない」(全文) - 弁護士ドットコム (2015年3月5日)

〈川崎・中1殺害事件〉 それでも少年法が必要な理由とは? 弁護士・松原拓郎 - THE PAGE(2015年3月11日)

形骸化しているとの指摘も

 98年に堺市で起きた殺傷事件でも実名報道がありました。加害者側は訴訟を起こしましたが、社会の正当な関心事であればプライバシー侵害には当たらないなどとして、訴えは退けられています。また、実名報道の規制に罰則はなく、形骸化も指摘されています。 [記事全文と投票経過はこちら。3月29日 23:59まで投票出来ます。]





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。