【盲導犬刺傷事件 新事実】オスカーは刺されていなかった 捜査関係者『犯人はいない』

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【盲導犬刺傷事件 新事実】オスカーは刺されていなかった 捜査関係者『犯人はいない』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【盲導犬刺傷事件 新事実】オスカーは刺されていなかった 捜査関係者『犯人はいない』

盲導犬刺傷事件衝撃スクープ!フォークで刺されたはずの盲導犬オスカー「実は刺されてなんか、いなかった」日本中が激怒した事件に意外な新証言が……
出典:現代ビジネス 2014年11月18日
Photo:[THE PAGE]より

「盲導犬オスカー刺傷事件」はあまりに大きな反響を呼んだ。しかし、3ヵ月が経った今も、犯人は捕まっていない。一体犯人はどこにいるのか。取材を進めるうちに衝撃の事実が浮かび上がってきた。

■警察が隠していること

「もう、いいじゃないですか、その話は……」
盲導犬オスカーの近況について尋ねると、飼い主の近所に住む住人たちは、異口同音にそう答えた。その口ぶりは、まるで何か言いにくいことを隠しているようにも取れた。

(中略)オスカーは刺されていなかった。これがどうやら、この事件の真実なのだ。

■診断した獣医師の戸惑い

ではなぜ、オスカーは傷を負い出血していたのか。それについて今、予想外の見立てが浮上し、それが県警内部でも徐々に広がりつつあるという。

その見立ての中身を明かすのは、東京都渋谷区にある、どうぶつ病院ルルの塩谷朋子院長だ。彼女によると、オスカーは「ただの『皮膚病』だった可能性がある」というのだ。

「獣医師の間ではそういう意見が少なくありません。写真の傷跡は、大型犬が夏にかかる『膿皮症』によく似ています。数日前から腫瘍ができていて、膿が溜まって、それが破裂した傷跡だと考えても、不自然ではありません。その傷跡がフォークで刺されたように見えたのではないでしょうか」

皮膚病はラブラドール・レトリバーがもっともかかりやすい病気の一つである。ニキビのような小さな腫瘍が毛の下にできて、やがて弾けて出血する。その傷跡は穴が空いたようになり、まるで鋭利な刃物で刺されたようにも見える。

[全文を読む]





盲導犬クイールの一生 [ 秋元良平 ]









 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

No title

問題は↓
朝日新聞が事実確認を怠って、不正確な記事を書いた事じゃね?

朝日が、吉田清治の嘘慰安婦本を元に
嘘の新聞を書き続けた反日活動と同じですよね
名無しさん URL 2014-11-18 20:53  [Edit]

No title

大手マスゴミは大きく訂正報道しないんだろうな
曖昧で燻るよりしっかり間違い、勘違いだったと報道する方が飼い主も元の生活に戻れるだろうに。
名無しさん URL 2014-11-21 03:34  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。