【沖縄知事選】翁長氏当選に住民複雑 「問題の先延ばし」「県外移設先はあるのか」「普天間固定化になるのでは」=宜野湾・名護

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【沖縄知事選】翁長氏当選に住民複雑 「問題の先延ばし」「県外移設先はあるのか」「普天間固定化になるのでは」=宜野湾・名護
  • ホーム
  • »
  • 政治
  • »
  • 沖縄問題
  • »
  • 【沖縄知事選】翁長氏当選に住民複雑 「問題の先延ばし」「県外移設先はあるのか」「普天間固定化になるのでは」=宜野湾・名護

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【沖縄知事選】翁長氏当選に住民複雑 「問題の先延ばし」「県外移設先はあるのか」「普天間固定化になるのでは」=宜野湾・名護

沖縄県知事選挙 翁長雄志氏が当選確実「ぶれないで」「先延ばし」=基地の行方に住民複雑―宜野湾・名護
出典:時事通信 11月16日(日)
Photo:[FNNnews]より

(前略) 同飛行場の滑走路延長線上に位置し、連日、米軍機の騒音に悩まされる同市大謝名。地区の自治会長大城ちえ子さん(60)は「辺野古に持っていけとは言いたくないが、普天間に固定化されても困る。葛藤するのはいつも沖縄だ」と苦しい胸の内を明かした。
 民主党政権で鳩山由紀夫元首相が打ち出した「最低でも県外」がほごにされた。大城さんは「できもしない政府の約束に沖縄は振り回されてきた。知事が県外の移設先を探してくれればいいが、今まで以上に時間がかかる」とため息をついた。

 名護市で民宿を経営する元建設業渡久地剛さん(64)は「理想は県外だが、現実的に交渉すべきだ」と、政府の経済振興策などに期待する。「知事がノーと言っても辺野古移設は止められない。一時的に工事がストップしても、単なる問題の先延ばしだ」と話し、移設に向けた作業の遅れを懸念した。

[全文を読む]












 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。