【ザックジャパン GL敗退】日本サッカー協会が重大ミス 選手コンディションより優先したトホホなもの

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【ザックジャパン GL敗退】日本サッカー協会が重大ミス 選手コンディションより優先したトホホなもの
  • ホーム
  • »
  • »
  • スポーツ
  • »
  • 【ザックジャパン GL敗退】日本サッカー協会が重大ミス 選手コンディションより優先したトホホなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ザックジャパン GL敗退】日本サッカー協会が重大ミス 選手コンディションより優先したトホホなもの

【GL敗退】日本サッカー協会が重大ミス 選手コンディションより優先したトホホなもの「W杯は開幕前から負けていた!?」日本サッカー協会が犯した重大なミスとは……


出典:「日刊サイゾー」2014年06月26日18時00分

Photo:「FNNnews」より

コメント編集元:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1403796573/


(前略) もともと体格や技術で劣る日本は、攻める時はボールをもらうために走り回り、守る時は前線からプレスをかけて運動量で圧倒するしかなかった。しかし実際は、後半になるにつれ、動きが止まる選手が増えてしまった。
 しかし、この運動量の少なさは選手のせいだけではなく、JFA(日本サッカー協会)が選んだキャンプ地・イトゥにもあるという。

「キャンプ地のイトゥに関しては、開幕前から多くの関係者から疑問視されていました。1次リーグ3試合が行われる会場のレシフェ、ナタール、クイアバは、いずれも最高気温30℃超、湿度約80%と高温多湿。それに比べて、6月のイトゥは平均気温17℃以下で、乾期。試合が行われる会場とは正反対の気候だった。しかも、強化合宿を行ったタンパも、最高気温は30℃を超える。暑い→寒い→暑い。これでは、コンディションが整わないのも無理はありません」(スポーツ記者)

 さらには、移動距離も問題になっているという。イトゥからコロンビア戦が行われたクイアバまでの距離は1,250キロメートル、コートジボワール戦が行われたレシフェまで2,150キロメートル、ギリシャ戦のナタールまでは2,350キロメートルも離れている。

 では、なぜJFAはキャンプ地をイトゥに決めたのだろうか?

「理由は、暑さ対策や移動距離よりも施設の充実です。FIFAも5つ星をつけるブラジル有数のホテルですから、相当いい環境なのでしょう。空港から車で30分というのも決め手になったようです。また、実はイトゥがあるサンパウロ州は、出場32カ国のうち、半数近い15カ国がキャンプを張る人気の地なんです。サンパウロにしておけば、大きなミスはないとJFAも判断したのかもしれません。試合会場はどの国もバラバラなので、参考にはならないはずなんですが……」(同)

(以上抜粋、全文は「こちら」)


















勝利のチームマネジメント [ 松村卓朗 ]




2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:29:57.32 et

暑い寒い暑い寒い暑い


3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:30:17.95 et

温度が違ったぐらいで負けるの?


4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:31:13.51 et

そもそもだけど
なんでイトゥにスタジアム作って試合しなかったんだ?


11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:33:31.02 et

>>4
W杯後、集客が望めない土地だし


8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:32:22.02 et

負けてから言い出してんじゃねーよカス


14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:34:11.13 et

>>8
始まる前からこれは言ってたわ


9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:33:01.90 et

>出場32カ国のうち、半数近い15カ国がキャンプを張る人気の地なんです。

それじゃ何の問題もないだろ。何か言い訳探してるのか?
他国も条件は同じじゃねーかよ。


70: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:46:34.18 et

>>9
その15ヶ国が試合をやる場所の気温と日本が試合をやる場所の気温が同じだとは限らないだろ?


10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:33:11.69 et

なんでキャンプ地リポートしてた時に指摘しなかったの?


12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:33:40.30 et

きっと上の人がレジャー気分なんだろうなぁ


13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:33:50.81 et

当初から言われてたよな
本当に協会は無能高給取り老害の巣窟だな


15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:34:11.57 et

そんなの関係ねーよボケ
本番で一度も練習してない戦い方をしたオッサンを問題にしろ


16: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:34:22.50 et

兵は優秀将はボンクラ
日本の伝統ですなぁ


17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:34:41.00 et

日系社会ニュース
ニッケイ新聞 2014年1月11日

《寄稿》 日本は調整不良で全敗する!=2014年W杯緊急問題提起=フリージャーナリスト 笹井宏次朗=(2)=あまりに酷い寒暖差と距離=秋の東京から亜熱帯へと同じ

 6月のイトゥーといえば平均気温16・6度のサンパウロ市と変わらず、夜間はサンパウロより寒い。乾季であり雨はほとんど降らない冬である。 レシフェの6月は平均気温24・5度で雨量は月間400mmと年間を通じて最も多い時期で、同地では一番寒い季節の到来となる。 だが、日本人の感覚では真夏以外の何物でもない。ナタールやクイアバも似たようなもの。

 レシフェまでイトゥーから直線距離で2151キロ、ナタールまで2338キロ。東京から台湾まで2247キロだから、 これでは冷え込みが厳しくなる晩秋の東京(11月初旬頃か)から亜熱帯の台湾へ毎回、試合に出かけるのと変わらない。 選手は、試合どころかカゼで寝込むのが関の山である。

 こんなことは、ブラジルに住み北伯や北東伯を旅行したことのある人間ならば、誰もが気付くことである。 だからこそニッケイ新聞の記事でも「聖州を拠点にする意味はない」と指摘したのであろう。

http://www.nikkeyshimbun.com.br/2014/140111-72colonia.html

 中日スポーツのホームページ、昨12月9日版によると「1次リーグ3試合の会場(レシフェ、ナタル、クイアバ)はいずれも最高気温30度超、湿度80%前後と高温多湿。ただ、キックオフ時刻が午後10時、同7時、同5時とあって、原技術委員長は『昼は暑いが、夜は涼しい』と話し、大きな影響を与えるとの見方には否定的。

第1戦のレシフェと第2戦のナタルは同じ東海岸にあり、直線距離は約250キロと比較的近距離であっても、原技術委員長は『中4日あるのでベースキャンプに帰って調整する』という」との記事が配信されていたが、何ともお目出度い技術委員長がいたものである。

 「昼は暑いが、夜は涼しい」と感じるのは現地の人間であって、冷涼なイトゥーで過ごした人間にとっては酷暑であり、90分間走り回る選手は暑熱地獄となろう。

「大きな影響」は避けられない。温帯から熱帯を往復するなど何度も書くが、カゼをひくのがオチである。広大なブラジルの気候変動を日本の感覚で計ってはならない。

 日本サッカー協会は、使用可能な83カ所の候補地のうち優秀なスタッフが約50カ所を視察したそうである。その結果が、ブラジルに住む者からすると、まるで納得できない選定なのだから、サッカー王国ブラジルで、母国の日本代表が惨めな戦いをしてもらいたくないことを祈り、勝手なことを書かせていただきたい。

 やはり、ベース・キャンプ地は北東部の海岸地帯にすべきであろう。(つづく、笹井宏次朗)

http://www.nikkeyshimbun.com.br/2014/140115-72colonia.html

636 :あ:2014/06/21(土) 04:10:31.76 ID:JAcQCNIl0
今の時期だとキャンプ地イトゥと1,2試合目のナタル、レシフェは気候的には北海道と沖縄ぐらいの差がある。
イトゥ17度、ナタルレシフェ29度。
距離的にも沖縄と北海道ぐらい。
日本の地理に例えると如何に馬鹿げたことをしてるか理解できる。

14日 札幌出発 那覇到着
15日 コートジボワール戦 那覇 
16日 那覇出発 札幌到着
17日 調整
18日 調整
19日 札幌出発 那覇到着
20日 ギリシャ戦 那覇
21日 那覇出発 札幌到着

これでは具合悪くなりに行っているようなものだ。
キリンブラジル本社がイトゥにあり今回のキャンプ地が決まった。
因みにレシフェとナタルはわずか200キロしか離れていない。
スポンサーの柵を断ち切って1,2戦目の近郊をキャンプ地にするべきだった。
イトゥをキャンプ地にした協会の罪は重い。

各国の移動距離
no title

no title


分かりやすい比較(グループC)
no title


55: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:42:58.60 et

>>17
うわ、これは分かりやすいし、ひどいな。
移動距離が短い2国が決勝いったんだね。
しかも日本はコロンビアの倍以上の距離を往復していたのか。
高原が飛行機で体調崩したように、長時間のフライトを何度も繰り返すのは良くないわな。


64: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:46:20.03 et

>>17
メキシコは怪物の集まりだな
さすがは空気が薄くても大丈夫な奴らだ


100: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 00:53:03.78 et

そんなもん関係ねえ!というやつらは>>17読んでからもう一度書き込め


160: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 01:13:08.96 et

>>17
>原技術委員長は『中4日あるのでベースキャンプに帰って調整する』という」との
>記事が配信されていたが、何ともお目出度い技術委員長がいたものである。

なるほど。

こういう甘い考え方の協会なら、ACLでのオーストラリア戦で、
片道約8000キロメートル・片道10~12時間の移動を、
「中2日」の日程で、安易に組み込んでしまうのも分かるわ~。

オーストラリアとの往復だけで丸1日かかるのに「中2日」とか何を考えているのかと思ってたが、最も大切に考えねばならないはずのW杯の、移動疲労や気候に対してさえ、この程度の甘い考えならば、中2日~中3日が11連戦も続く、過去のACL史上、最も超過密な2014年の糞日程を組んだ原因も納得。


412: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:13:59.08 et

まおちゃんの五輪でもこういうアホな事スケート協会やってたよな


414: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:18:26.38 et

負けた原因は弱かったから。キャンプ地のせいにするとか、言い訳はやめましょう!


416: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:21:20.49 et

キャンプ地の事を考えないバカは死んで良いと思う
弱い日本が勝つためにはこの辺りも徹底しないといけない
弱いから負けたんだ!で終わる奴は何をやってもダメだろう


418: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:22:59.65 et

わざとだろ?
フィギュアスケートもそうだったよ


420: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:25:51.00 et

初戦から走れなかったんだから、何らかの調整失敗がありうる。
その中で重要なのは、キャンプ地の距離と気候と食かな


421: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:27:53.52 et

イトゥはキリンの工場があるから、大人の事情なんだよな


422: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 03:29:01.25 et

キャンプ地はこれで正解だろ
むしろリフレッシュになった環境じゃないのかな
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。