【頭脳流出】STAP細胞・小保方晴子氏「日本にいていいのか…」 理研以外での研究を示唆=論文撤回せず

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【頭脳流出】STAP細胞・小保方晴子氏「日本にいていいのか…」 理研以外での研究を示唆=論文撤回せず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【頭脳流出】STAP細胞・小保方晴子氏「日本にいていいのか…」 理研以外での研究を示唆=論文撤回せず

【頭脳流出】STAP細胞・小保方晴子氏「日本にいていいのか…」 理研以外での研究を示唆STAP問題 小保方氏「日本にいていいのか…」 理研以外での研究も示唆

出典:「産経新聞」5月8日(木)18時50分配信


 STAP(スタップ)細胞論文についての再調査が行われないとする理化学研究所の決定を受けて、小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)側は激しく反発した。代理人の三木秀夫弁護士によると、連絡を受けた小保方氏はしばし絶句。三木弁護士は「結論ありきで、とうてい承服できない。論文は取り下げない」と強い口調で語った。
 三木弁護士によると、理研の決定は午前10時半ごろ、電話とメールで寄せられた。小保方氏は三木弁護士から電話で伝えられた際には絶句したという。その後「世に出したばかりの研究を引きずり下ろされるようなことがあっていいのか、日本にいていいのか」という趣旨の発言をしたという。

(以上抜粋、全文は「こちら」)


































ブレイクスルーの科学者たち [ 竹内薫 ]



 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。