【福島第一原発】相次ぐ汚染水漏れ 根源には報じられない重要問題が=廃炉作業にも影響

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【福島第一原発】相次ぐ汚染水漏れ 根源には報じられない重要問題が=廃炉作業にも影響

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【福島第一原発】相次ぐ汚染水漏れ 根源には報じられない重要問題が=廃炉作業にも影響

【福島第一原発】汚染水漏れの裏に報道されない重要問題福島第一原発の汚染水漏れ 基本的操作できないためのミスも

出典:「NEWSポストセブン」2014.04.05 16:00

Photo:「FNN」より

コメント編集元:
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396734532/


「(福島第一原発は)コントロールされている」――安倍晋三首相が全世界に向けて宣言してから半年以上経ったが、今も高濃度汚染水の漏洩が続いている。政府は再稼働に向けて大きく舵を切ろうとしているが、廃炉作業はまだ始まったばかり。その廃炉作業もうまくいっていない。福島第一原発内部の取材をしたジャーナリストの藤吉雅春氏が、その知られざる実情をリポートする。



 汚染水と燃料の問題に加えて、報道されていないもうひとつの問題に注目したい。それは作業員のことだ。
(中略) 今後、誰が厄介な敗戦処理の作業をするのか。人集めができなければ、廃炉計画は予定通り進まなくなる。この悩みは、実はすでにトラブルという形で表面化し始めている。

(中略)「震災前はどのバルブもロックされていて、勝手に操作できないように管理する人がいました。バルブを動かすにも手順書に従って、誰が扱うかも決まっています。それが今、管理ができていないのです」(ある技術者)

 汚染水の扱いが、コントロールされているとは言い難い状況なのだ。実はこうした初歩的なミスは増えている。

(中略) また、このベテラン技術者はこう言う。

「完全防護のフル装備は、熟練の作業員ですら2時間が限度です。それを今は5~6時間フル装備で作業しなければならないから、きついのです」

 そのため、下請け会社がせっかく作業員を集めても、

「こんな仕事、とてもじゃないけど務まらない」

 と言って、1日や2日で辞めるケースが多いという。
(以上、抜粋)






















“福島原発”ある技術者の証言 [ 名嘉幸照 ]




2: 名無しさん 2014/04/06(日)06:51:44 ID:dRL3FtZAw

専門的な作業員こそ必要なのに
中抜きされまくった挙句、日給1万にもならん給料で
宿飯別請求コレじゃまともな作業員が集まるはずもなく


3: 名無しさん 2014/04/06(日)06:55:09 ID:WYIduVTDo

まだ冷やし続けているんだっけ?
そりゃ、漏れる(漏らす)よ。


4: 名無しさん 2014/04/06(日)07:03:24 ID:xsZprHSp5

日当二万円以上、保険・年金全額免除、住居・食事無料、Wi-Fi、引越費用、老後保証、この条件の満たしてくれるのであれば作業員になりたい。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。