【STAP細胞 論文疑惑】”サインだけの共著者” 手柄横取り、責任転嫁=東大名誉教授「小保方さんと同等以上の責任」

RSS headline


  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 【STAP細胞 論文疑惑】”サインだけの共著者” 手柄横取り、責任転嫁=東大名誉教授「小保方さんと同等以上の責任」
  • ホーム
  • »
  • 社会
  • »
  • STAP細胞 論文騒動
  • »
  • 【STAP細胞 論文疑惑】”サインだけの共著者” 手柄横取り、責任転嫁=東大名誉教授「小保方さんと同等以上の責任」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【STAP細胞 論文疑惑】”サインだけの共著者” 手柄横取り、責任転嫁=東大名誉教授「小保方さんと同等以上の責任」

【STAP細胞 論文疑惑】”サインだけの共著者” 手柄横取り、責任転嫁<STAP論文>極秘研究…サインだけの共著者 議論どこに

出典:「毎日新聞」4月2日(水)5時40分配信

Photo:「STAP細胞論文に関わった有名研究者たち-毎日新聞」より

文中補足:CDB=理化学研究所発生・再生科学総合研究センター


(前略) 小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダー(30)は2010年、若山照彦・CDBチームリーダー(当時、現山梨大教授)の研究室の客員研究員としてCDBにやってきた。11年末、若山教授が、小保方氏が作製した細胞を使い、万能性証明の決め手となる全身にSTAP細胞由来の細胞が散らばるマウス(キメラマウス)作りに成功したとなると、CDBの幹部は色めき立った。「これは面白い」
 iPS細胞に代わりうる新たな万能細胞の登場であれば、ノーベル賞級の衝撃を与える可能性を秘める。CDBは、この研究の将来性を見込んで小保方氏を研究ユニットリーダーに採用するなど、特別な位置付けのプロジェクトになっていった。別の共著者は振り返る。「小保方氏がCDBへ行ってから、研究に関する情報が入らなくなった」

 さらに、研究チーム内でも、研究内容やデータを議論する機会が少なかったとみられる。発表されたSTAP細胞の論文2本には14人の研究者が名を連ねるが、中には論文の実験や解析に全くかかわっていない「共著者」がいたことが、取材で明らかになった。

(中略) 研究倫理に詳しい御園生誠・東京大名誉教授は「共同研究者は当然、生データをベースに議論すべきだし、それを怠ったとすれば問題だ。不正行為に直接手を出していなくても、指導的立場にあったシニアの研究者たちの責任は、小保方さんと同等以上に重い」と話す。【須田桃子、斎藤広子、八田浩輔】
(以上、抜粋)





























 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。