2015年01月の記事一覧

月別アーカイブ:2015年01月

2015年01月の記事一覧。政治,経済,社会,ニュースを中心とした2ch.scやツイッターまとめ

2015-01-31未分類
朝日の複数記者、外務省が退避要請のシリア入国 出典:読売新聞 2015年01月31日 Photo:[報道ステーション「ISIL特集」]より  イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件で、外務省が退避するよう求めているシリア国内に、朝日新聞の複数の記者が入っていたことが31日分かった。  同省は21日、日本新聞協会などに対し、シリアへの渡航を見合わせるよう強く求めていたが、朝日のイスタンブ...

記事を読む

2015-01-31未分類
「I AM HARUNA!」見殺しにされた湯川遥菜さんの存在を無視するな! 出典:リテラ/livedoor 2015年01月30日 Photo湯川さん拘束当時の報道:[テレ朝news]より (前略) 官邸前では「I AM KENJI」のプラカードを持ち、デモを行う人々。それをSNSに載せ世界に発信する人々。多くの日本人、いや世界の人々が後藤さんの救出を願い、我がこととしてメッセージを発している。後藤さんを助けたい。その思いは切実で感動すら覚えるものだ...

記事を読む

2015-01-31韓国ニュース
ソウルの日本大使館前で元慰安婦の追悼式、約300人が参加=韓国ネット「安倍首相はどんな気持ち?」「日韓関係悪化の方が問題…」 出典:Record China 2015年01月29日 Photo:[Record China]より 2015年1月28日、韓国・朝鮮日報によると、韓国・ソウルの日本大使館前で、26日に亡くなった旧日本軍元慰安婦ファン・ソンスンさんの追悼式が開かれた。 追悼式には約300人が参加。式に参加した元慰安婦のキル・ウォンオクさんは「慰...

記事を読む

2015-01-31未分類
官邸前で解放を願う集会 ジャーナリストら約150人 出典:47NEWS 2015年01月30日 Photo:[47NEWS/共同]より  過激派「イスラム国」を名乗るグループに拘束されている後藤健二さん(47)の解放を願う集会が30日夜、東京・永田町の首相官邸前で行われた。時折冷たい風が吹き付ける中、集まったジャーナリストら約150人がキャンドルをともしながら、英語やアラビア語で「SAVE HIS LIFE」(彼の命を救って...

記事を読む

2015-01-30未分類
高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 「報ステ」のISIL特集みてびっくり 「テロの一面に理解を寄せた」印象だ 出典:J-CASTニュース 2015年01月29日 Photo:[girlschannel.net]より (前略)世界の報道番組では、テロは無条件にノー 筆者の知っている世界の報道番組では、テロは無条件にノーだ。そうであるので、ISILの広報を放送することはまずないし、ISILのいかなるテロも完全否定で正当化する余地はない、ISILの意見に耳を傾け...

記事を読む

2015-01-30未分類
「歌とダンスで、楽しく戦争反対」 官邸前イベント参加の福島瑞穂氏に「不謹慎」の声も 出典:J-CASTニュース 2015年01月27日 Photo:[ 福島みずほ@mizuhofukushima]より 社民党の福島瑞穂前党首(59)が2015年1月26日、東京・永田町の首相官邸前で行われた「官邸前DISCO化計画」というイベントに参加したことをツイッターで報告した。 (中略) 公式ページや紹介記事によると、同イベントは連日のようにデモや抗議活動が...

記事を読む

2015-01-30未分類
【イスラム国殺害脅迫】「日本の事情を知っている人間が協力」手口に変化…日本を分析し、心理戦、情報戦を展開か 出典:産経ニュース 2015年01月29日 Photo:[東洋経済オンライン]より (前略) 後藤さん殺害の期限とされた28日、ヨルダンでは複数メディアから、「死刑囚釈放に合意した」など、交渉進展に関する報道が流れた。田中氏は「いずれも陽動作戦だろう。交渉に応じているふりをし、時間稼ぎを狙ってヨルダン側が流...

記事を読む

2015-01-30未分類
邦人人質事件取材のフジスタッフが事故死 出典:スポーツ報知/yahoo 2015年01月30日 Photo:高谷一美さん[地球の歩き方]より  トルコ時間29日午後、同国南東部アクチャカレ近郊で、現地コーディネターの高谷一美さんが乗ったタクシーがトラックと衝突し、死亡した。高谷さんは邦人人質事件の取材をしているフジテレビのクルーと合流する前だった。フジテレビによると、タクシーには現地の運転手と高谷さんの2人が乗っていた...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】複数の朝日新聞記者、外務省が退避要請のシリア入国=ジャーナリスト宣言?

  •  投稿日:2015-01-31
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】複数の朝日新聞記者、外務省が退避要請のシリア入国=ジャーナリスト宣言? 朝日の複数記者、外務省が退避要請のシリア入国
出典:読売新聞 2015年01月31日
Photo:[報道ステーション「ISIL特集」]より


 イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件で、外務省が退避するよう求めているシリア国内に、朝日新聞の複数の記者が入っていたことが31日分かった。

 同省は21日、日本新聞協会などに対し、シリアへの渡航を見合わせるよう強く求めていたが、朝日のイスタンブール支局長はツイッターで、26日に同国北部のアレッポに入り、現地で取材した様子を発信していた。[抜粋]

» 記事の続きを読む

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】湯川遥菜さん報道に疑問 「I AM HARUNA」 国家に簡単に見捨てられた国民=リテラ

  •  投稿日:2015-01-31
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】湯川遥菜さん報道に疑問 「I AM HARUNA!」 国家に簡単に見捨てられた国民 「I AM HARUNA!」見殺しにされた湯川遥菜さんの存在を無視するな!
出典:リテラ/livedoor 2015年01月30日
Photo湯川さん拘束当時の報道:[テレ朝news]より


(前略) 官邸前では「I AM KENJI」のプラカードを持ち、デモを行う人々。それをSNSに載せ世界に発信する人々。多くの日本人、いや世界の人々が後藤さんの救出を願い、我がこととしてメッセージを発している。後藤さんを助けたい。その思いは切実で感動すら覚えるものだ。

 だがしかし、一方で、違和感をおぼえることがある。それは、もう一人の人質で殺害されたとされる湯川遥菜さんへの哀悼の声がほとんど聞かれないということだ。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【韓国嫌がらせ】在韓日本大使館前で元慰安婦追悼式 「安倍首相はどんな気持ち?」=ネット「暇じゃねえんだよ」

【韓国嫌がらせ】在韓日本大使館前で元慰安婦追悼式 「安倍首相はどんな気持ち?」=ネット「暇じゃねえんだよ」 ソウルの日本大使館前で元慰安婦の追悼式、約300人が参加=韓国ネット「安倍首相はどんな気持ち?」「日韓関係悪化の方が問題…」
出典:Record China 2015年01月29日
Photo:[Record China]より


2015年1月28日、韓国・朝鮮日報によると、韓国・ソウルの日本大使館前で、26日に亡くなった旧日本軍元慰安婦ファン・ソンスンさんの追悼式が開かれた。

追悼式には約300人が参加。式に参加した元慰安婦のキル・ウォンオクさんは「慰安婦被害者が全員死んでしまう前に日本政府に謝罪してほしい。そして、私たちはチョウのように飛んで、安らかにこの世を去りたい」などと語った。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】首相官邸前、解放願う集会に約150人「SAVE HIS LIFE」=ネット「なぜ官邸前でやるの」「ISILの思う壺」

  •  投稿日:2015-01-31
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】首相官邸前、解放願う集会に約150人「SAVE HIS LIFE」=ネット「なぜ官邸前でやるの」「ISILの思う壺」 官邸前で解放を願う集会 ジャーナリストら約150人
出典:47NEWS 2015年01月30日
Photo:[47NEWS/共同]より


 過激派「イスラム国」を名乗るグループに拘束されている後藤健二さん(47)の解放を願う集会が30日夜、東京・永田町の首相官邸前で行われた。時折冷たい風が吹き付ける中、集まったジャーナリストら約150人がキャンドルをともしながら、英語やアラビア語で「SAVE HIS LIFE」(彼の命を救って)などと書かれた紙を掲げた。

 中東各国に滞在経験があるという都内の男性会社員(45)は「後藤さんとヨルダン人パイロットの2人一緒の救出を願っていることを、世界に伝えたい」と話した。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】高橋洋一氏「報道ステーション、テロに理解寄せた印象」

  •  投稿日:2015-01-30
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】高橋洋一氏「報道ステーション、テロに理解寄せた印象」 高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 「報ステ」のISIL特集みてびっくり 「テロの一面に理解を寄せた」印象だ
出典:J-CASTニュース 2015年01月29日
Photo:[girlschannel.net]より


(前略)世界の報道番組では、テロは無条件にノー

筆者の知っている世界の報道番組では、テロは無条件にノーだ。そうであるので、ISILの広報を放送することはまずないし、ISILのいかなるテロも完全否定で正当化する余地はない、ISILの意見に耳を傾けさせることはきわめて危険だ、というのが常識だ。もちろん、ISILに関わる歴史的経緯は知っていても、ISILのテロを容認するためには一切使わないのはいうまでもない。

こうした世界の常識からみれば、報道ステーションの特集は全くずれていて、大きな違和感があった。外ではテロをおこし、内では人質をとり身代金を要求し殺害するISILの行為は、いかなる理由があっても、どのような角度からみても、容認できないものだ。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】福島瑞穂氏「楽しく戦争反対」=ネット「国家の非常時に国会議員が楽しく?」「不謹慎」

  •  投稿日:2015-01-30
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】福島瑞穂氏「楽しく戦争反対」=ネット「国家の非常時に国会議員が楽しく?」「不謹慎」 「歌とダンスで、楽しく戦争反対」 官邸前イベント参加の福島瑞穂氏に「不謹慎」の声も
出典:J-CASTニュース 2015年01月27日
Photo:[ 福島みずほ@mizuhofukushima]より


社民党の福島瑞穂前党首(59)が2015年1月26日、東京・永田町の首相官邸前で行われた「官邸前DISCO化計画」というイベントに参加したことをツイッターで報告した。

(中略) 公式ページや紹介記事によると、同イベントは連日のようにデモや抗議活動が行われている首相官邸前に「ポジティブなマインドを届けよう」という思いから計画された。「世界平和を願い踊る」ことを主旨としており、参加者は官邸前に設置されたDJブースから流れる音楽に合わせ、楽しみながら踊る。開催2回目だった今回は、フェイスブックページに200人以上が参加表明をしていた。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】佐藤優氏「日本の事情をよく知る者が協力」 「安倍首相批判、イスラム国を間接的に応援」=知ってた

  •  投稿日:2015-01-30
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】佐藤優氏「日本の事情をよく知る者が協力」 「安倍首相批判、イスラム国を間接的に応援」 【イスラム国殺害脅迫】「日本の事情を知っている人間が協力」手口に変化…日本を分析し、心理戦、情報戦を展開か
出典:産経ニュース 2015年01月29日
Photo:[東洋経済オンライン]より


(前略) 後藤さん殺害の期限とされた28日、ヨルダンでは複数メディアから、「死刑囚釈放に合意した」など、交渉進展に関する報道が流れた。田中氏は「いずれも陽動作戦だろう。交渉に応じているふりをし、時間稼ぎを狙ってヨルダン側が流したのかもしれないし、ヨルダン国内の反応を見るためイスラム国側が流したのかもしれない」という。

 こうした情報戦は日本にも向けられていると指摘するのは元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏だ。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日本人人質事件】現地コーディネーター・高谷一美さん事故死 フジテレビ取材合流直前=トルコ在住約20年、「地球の歩き方」で特派員ブログ

  •  投稿日:2015-01-30
  •  カテゴリ:未分類
【日本人人質事件】現地コーディネーター・高谷一美さん事故死 フジテレビ取材合流直前=トルコ在住約20年、「地球の歩き方」で特派員ブログ 邦人人質事件取材のフジスタッフが事故死
出典:スポーツ報知/yahoo 2015年01月30日
Photo:高谷一美さん[地球の歩き方]より


 トルコ時間29日午後、同国南東部アクチャカレ近郊で、現地コーディネターの高谷一美さんが乗ったタクシーがトラックと衝突し、死亡した。高谷さんは邦人人質事件の取材をしているフジテレビのクルーと合流する前だった。フジテレビによると、タクシーには現地の運転手と高谷さんの2人が乗っていたという。

 高谷さんは、トルコ在住約20年の経験豊富なコーディネーター。日本の民放各局や新聞などの現地取材のコーディネートを手掛けていた。また旅行情報雑誌「地球の歩き方」のホームページでも特派員ブログを担当していた。 [抜粋]

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。