常岡浩介のタグ記事一覧

タグ:常岡浩介

常岡浩介のタグが付いた記事一覧。政治,経済,社会,ニュースを中心とした2ch.scやツイッターまとめ

2015-02-13未分類
イスラム国報道でテレビ局が出演者に「安倍政権批判しないで」 出典:女性自身/livedoor 2015年02月12日 Photo:ISISの旗の前で銃を構え悦に入る常岡氏[Daily Mai]より (前略)これまでイスラム国に取材で入って生還したのは世界で2人だけ。常岡さんはその数少ない1人で、昨年9月にも、イスラム国の司令官の1人に招待され、現地を訪れた。現地では、湯川さんの“裁判”の通訳も依頼されたが、現地情勢が急変。湯川さんには会...

記事を読む

2015-02-10社会・その他
ジャーナリストなどからは政府に批判相次ぐ 出典:J-CASTニュース 2015年02月09日 Photo:ISISの旗の前で銃を構え悦に入る常岡氏[Daily Mai]より コメント編集元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1423444905/ (前略) 今回の旅券返納は、旅券法19条の規定「旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために渡航を中止させる必要があると認められる場合」に基づくものだ。一方で、日本国憲法では22条...

記事を読む

2015-01-29未分類
常岡浩介氏「あの時政府と協力していれば湯川さん救えた…」 出典:NEWSポストセブン 2015年01月29日 Photo:[テレ朝news]より  後藤健二さん(47才)と湯川遥菜さん(42才)がイスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループに拘束された事件。世界中を巻き込むこの悲劇を招いた“戦犯”として、政府関係者の間で真っ先に名前が上がる人物が安倍晋三首相(60才)である。 (中略) さらに、安倍政権は、湯川さんを解放す...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL報道】常岡浩介氏「TV局が安倍政権批判しないよう指示」「救出の邪魔をしたのは警察ですw」

  •  投稿日:2015-02-13
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL報道】常岡浩介氏「TV局が安倍政権批判しないよう指示」「救出の邪魔をしたのは警察ですw」 イスラム国報道でテレビ局が出演者に「安倍政権批判しないで」
出典:女性自身/livedoor 2015年02月12日
Photo:ISISの旗の前で銃を構え悦に入る常岡氏[Daily Mai]より


(前略)これまでイスラム国に取材で入って生還したのは世界で2人だけ。常岡さんはその数少ない1人で、昨年9月にも、イスラム国の司令官の1人に招待され、現地を訪れた。現地では、湯川さんの“裁判”の通訳も依頼されたが、現地情勢が急変。湯川さんには会えず帰国したが、1月20日に後藤さんの身代金2億ドルを要求する動画が公開されると、連日、常岡さんにはテレビ局の出演依頼が殺到した。

» 記事の続きを読む

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・渡航阻止】常岡浩介氏「全国民、全人類への挑戦」=お笑い芸人「自由と勝手は違うって先生に習わんかったんかいな」

【旅券返納命令】常岡浩介氏「全国民、全人類への挑戦」=お笑い芸人「自由と勝手は違うって先生に習わんかったんかいな」 ジャーナリストなどからは政府に批判相次ぐ
出典:J-CASTニュース 2015年02月09日
Photo:ISISの旗の前で銃を構え悦に入る常岡氏[Daily Mai]より
コメント編集元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1423444905/


(前略) 今回の旅券返納は、旅券法19条の規定「旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために渡航を中止させる必要があると認められる場合」に基づくものだ。一方で、日本国憲法では22条で「海外渡航の自由」を保障しており、上記の規定による返納命令は史上初、異例中の異例といえる。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人人質事件】常岡浩介氏「知人がイスラム国司令官」「政府が私を危険分子扱いしなければ湯川さん救えた」

  •  投稿日:2015-01-29
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人人質事件】常岡浩介氏「知人がイスラム国司令官」「政府が私を危険分子扱いしなければ湯川さん救えた」 常岡浩介氏「あの時政府と協力していれば湯川さん救えた…」
出典:NEWSポストセブン 2015年01月29日
Photo:[テレ朝news]より


 後藤健二さん(47才)と湯川遥菜さん(42才)がイスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループに拘束された事件。世界中を巻き込むこの悲劇を招いた“戦犯”として、政府関係者の間で真っ先に名前が上がる人物が安倍晋三首相(60才)である。

(中略) さらに、安倍政権は、湯川さんを解放する大きなチャンスを、自ら捨てていた。昨年9月、イスラム国の幹部から、湯川さん解放の仲介役を頼まれていた日本人がいた。それが、国際ジャーナリストの常岡浩介氏だった。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。