イスラム国・湯川遥菜のタグ記事一覧

タグ:イスラム国・湯川遥菜

イスラム国・湯川遥菜のタグが付いた記事一覧。政治,経済,社会,ニュースを中心とした2ch.scやツイッターまとめ

2015-02-13未分類
イスラム国報道でテレビ局が出演者に「安倍政権批判しないで」 出典:女性自身/livedoor 2015年02月12日 Photo:ISISの旗の前で銃を構え悦に入る常岡氏[Daily Mai]より (前略)これまでイスラム国に取材で入って生還したのは世界で2人だけ。常岡さんはその数少ない1人で、昨年9月にも、イスラム国の司令官の1人に招待され、現地を訪れた。現地では、湯川さんの“裁判”の通訳も依頼されたが、現地情勢が急変。湯川さんには会...

記事を読む

2015-02-13未分類
人質事件:「日本政府に恥辱が目的」…IS機関誌 出典:毎日新聞 2015年02月12日 Photo:[FNNnews]よりコメント編集元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423745575/  【カイロ秋山信一】イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)のウェブ版英字機関誌「ダビク」の最新号が公開された。ISは「安倍晋三(首相)は『イスラム国』と戦うために2億ドル(約240億円)の資金提...

記事を読む

2015-02-05社会・その他
小学校授業で湯川遥菜さん遺体写真を使用 出典:日テレNEWS24/yahoo 2015年02月05日 Photo:名古屋市立山吹小学校[橦木倶楽部通信第4輯]より  愛知県名古屋市の小学校の授業で、イスラム過激派組織「イスラム国」に殺害された湯川遥菜さんの遺体の写真などが修整されることなく使われていたことがわかった。授業を行った教諭は「命の大切さに目を向けたかった」などと話しているという。  これは名古屋市教育委員会が5日午...

記事を読む

2015-02-05政治
安倍首相「罪を償わせる」発言 国際社会に波紋 日本の平和主義からの逸脱 事件を軍事力強化の口実に 出典:日本共産党 2015年02月05日 Photo:[テレ朝news]より  安倍晋三首相は1日、過激組織「イスラム国」による後藤健二さん殺害に対する声明で、「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせる」と表明しました。この発言が国際社会で大きな波紋を呼んでいます。  安倍首相はその後、「『罪を償わせる』というこ...

記事を読む

2015-02-05未分類
田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えてしまった安倍外交」 出典:dot.ドット 朝日新聞出版 2015年02月05日 Photo:[news.livedoor]より  ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍首相の今回の中東歴訪は配慮が足りなかったとこう語る。 (中略) エジプトやヨルダンは中東の中でも突出した親米国であり、イスラム国から嫌悪されている国である。そのうえ安倍首相はイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、イスラエル...

記事を読む

2015-02-05未分類
「ジャーナリストが現場に行くことを許さない雰囲気がある」人質事件をどう考えるか? 出典:弁護士ドットコム/yahoo 2015年02月04日 Photo:記事とは別[YouTube FukushimaMizuho]より 中東の過激派組織「イスラム国」による日本人人質の殺害を受け、緊急集会「私たちは人質事件をどう考えるか」が2月4日、東京・永田町で開かれた。会場の参議院議員会館講堂には、福島みずほ・社民党副党首の呼びかけで約150人が集まり、ジャ...

記事を読む

2015-02-04未分類
【イスラム国事件】高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった 出典:産経ニュース 2015年02月04日 Photo:[毎日新聞]より  自民党の高村正彦副総裁は4日午前、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に殺害されたとみられるジャーナリストの後藤健二さんについて「日本政府の3度の警告にも関わらず支配地域に入った。どんなに優しくて使命感が高かったとしても、真の勇気でなく『蛮勇』というべきものだった」と...

記事を読む

2015-02-04未分類
1: ボマイェ(茸)@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 17:35:35.48 @AntifaKyoto: なお、京都の追悼集会の詳細は下記のとおりです。 湯川遥菜さん、後藤健二さんの追悼集会京都 場所:京都市・三条大橋(河川敷) 日時:2月8日(日)午後5時~7時 ※スタンディングと持ち回りで皆さんの思いを声にしてもらいます。ぜひ、思いを込めたプラカードを持参しご参集ください。 https://twitter.com/antifakyoto/status/5624482703334481...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL報道】常岡浩介氏「TV局が安倍政権批判しないよう指示」「救出の邪魔をしたのは警察ですw」

  •  投稿日:2015-02-13
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL報道】常岡浩介氏「TV局が安倍政権批判しないよう指示」「救出の邪魔をしたのは警察ですw」 イスラム国報道でテレビ局が出演者に「安倍政権批判しないで」
出典:女性自身/livedoor 2015年02月12日
Photo:ISISの旗の前で銃を構え悦に入る常岡氏[Daily Mai]より


(前略)これまでイスラム国に取材で入って生還したのは世界で2人だけ。常岡さんはその数少ない1人で、昨年9月にも、イスラム国の司令官の1人に招待され、現地を訪れた。現地では、湯川さんの“裁判”の通訳も依頼されたが、現地情勢が急変。湯川さんには会えず帰国したが、1月20日に後藤さんの身代金2億ドルを要求する動画が公開されると、連日、常岡さんにはテレビ局の出演依頼が殺到した。

» 記事の続きを読む

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【日本人人質事件】ISIL機関誌「日本政府への恥辱が目的」「日本は西洋の奴隷」=日本の野党・左翼も同じこと言ってるわ

  •  投稿日:2015-02-13
  •  カテゴリ:未分類
【日本人人質事件】ISIL機関誌「日本政府への恥辱が目的」「日本は西洋の奴隷」=日本の野党・左翼も同じこと言ってるわ 人質事件:「日本政府に恥辱が目的」…IS機関誌
出典:毎日新聞 2015年02月12日
Photo:[FNNnews]より
コメント編集元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423745575/


 【カイロ秋山信一】イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)のウェブ版英字機関誌「ダビク」の最新号が公開された。ISは「安倍晋三(首相)は『イスラム国』と戦うために2億ドル(約240億円)の資金提供を表明した」と従来の一方的主張を展開した。日本人の人質殺害について「傲慢な日本政府に恥をかかせるのが目的だった」などと述べた。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【名古屋】小学校授業で湯川遥菜さんの遺体写真 20代女性教諭「命の大切さに目を向けたかった」

【名古屋】小学校授業で湯川遥菜さんの遺体写真 20代女性教諭「命の大切さに目を向けたかった」 小学校授業で湯川遥菜さん遺体写真を使用
出典:日テレNEWS24/yahoo 2015年02月05日
Photo:名古屋市立山吹小学校[橦木倶楽部通信第4輯]より


 愛知県名古屋市の小学校の授業で、イスラム過激派組織「イスラム国」に殺害された湯川遥菜さんの遺体の写真などが修整されることなく使われていたことがわかった。授業を行った教諭は「命の大切さに目を向けたかった」などと話しているという。

 これは名古屋市教育委員会が5日午後に会見を開き、発表したもの。教育委員会によると、3日午後、名古屋市東区にある山吹小学校の5年生(児童35人)の授業で、20代の女性教諭が「イスラム国」に殺害された湯川さんの遺体が写った静止画像を修整することなく使用したという。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【赤旗・日本共産党】安倍首相「罪を償わせる」発言 国際社会に波紋=反日NYタイムズが国際社会!?

  •  投稿日:2015-02-05
  •  カテゴリ:政治
【赤旗・日本共産党】安倍首相「罪を償わせる」発言 国際社会に波紋=反日NYタイムズが国際社会!?
安倍首相「罪を償わせる」発言 国際社会に波紋 日本の平和主義からの逸脱 事件を軍事力強化の口実に
出典:日本共産党 2015年02月05日
Photo:[テレ朝news]より


 安倍晋三首相は1日、過激組織「イスラム国」による後藤健二さん殺害に対する声明で、「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせる」と表明しました。この発言が国際社会で大きな波紋を呼んでいます。

 安倍首相はその後、「『罪を償わせる』ということは、彼らがおこなった残虐非道な行為に対して、法によって裁かれるべきと考える」(2日の参院予算委員会)と発言を事実上、修正しました。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人殺害事件】田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えた安倍外交」=ネット「ISISの広報担当なの!?」

  •  投稿日:2015-02-05
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人殺害事件】田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えた安倍外交」 田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えてしまった安倍外交」
出典:dot.ドット 朝日新聞出版 2015年02月05日
Photo:[news.livedoor]より


 ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍首相の今回の中東歴訪は配慮が足りなかったとこう語る。

(中略) エジプトやヨルダンは中東の中でも突出した親米国であり、イスラム国から嫌悪されている国である。そのうえ安倍首相はイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、イスラエルの旗をバックに固く握手して、「テロ対策に連携する」と述べた映像がユーチューブで全世界にばらまかれた。この映像は当然ながらイスラム各国の反発を呼ぶはずである。もちろん、イスラム国を強く刺激したに違いない。もっと言えば、イスラム国にとって、安倍首相の今回の中東歴訪が、日本に脅しをかける絶好のカードとなってしまったのではないか。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人殺害事件】志葉玲氏「安倍政権、全力尽くすフリ」「批判は当たり前」=福島瑞穂の呼びかけに約150人

  •  投稿日:2015-02-05
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL・日本人殺害事件】志葉玲氏「安倍政権、全力尽くすフリ」「批判は当たり前」=福島瑞穂の呼びかけに約150人 「ジャーナリストが現場に行くことを許さない雰囲気がある」人質事件をどう考えるか?
出典:弁護士ドットコム/yahoo 2015年02月04日
Photo:記事とは別[YouTube FukushimaMizuho]より


中東の過激派組織「イスラム国」による日本人人質の殺害を受け、緊急集会「私たちは人質事件をどう考えるか」が2月4日、東京・永田町で開かれた。会場の参議院議員会館講堂には、福島みずほ・社民党副党首の呼びかけで約150人が集まり、ジャーナリストや弁護士の話に耳を傾けた。

●「後藤さんの遺志を継いでいく」

「後藤健二さん、助けることができなくて、本当にごめんなさい」

ジャーナリストの志葉玲さんはそう切り出した。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ISIL・日本人殺害事件】自民・高村副総裁、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった=“無責任野党”には言えない言葉

  •  投稿日:2015-02-04
  •  カテゴリ:未分類
【ISIL事件】自民・高村副総裁、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった=無責任野党には言えない言葉 【イスラム国事件】高村氏、後藤さんは「蛮勇」 渡航自粛すべきだった
出典:産経ニュース 2015年02月04日
Photo:[毎日新聞]より


 自民党の高村正彦副総裁は4日午前、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に殺害されたとみられるジャーナリストの後藤健二さんについて「日本政府の3度の警告にも関わらず支配地域に入った。どんなに優しくて使命感が高かったとしても、真の勇気でなく『蛮勇』というべきものだった」と述べた。党本部で記者団に語った。(中略)同時に「後藤さんの後に続く優しく使命感が高く、勇気のある人たちに対するお願いだ」とも述べた。 [抜粋]

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【イスラム国事件】京都・三条河原で後藤・湯川両氏の追悼集会 かつて晒し首が行われた場所で!?=これはひどい

  •  投稿日:2015-02-04
  •  カテゴリ:未分類
【イスラム国事件】京都・三条河原で後藤・湯川両氏の追悼集会 かつて晒し首が行われた場所で!?=これはひどい
1: ボマイェ(茸)@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 17:35:35.48
@AntifaKyoto: なお、京都の追悼集会の詳細は下記のとおりです。

湯川遥菜さん、後藤健二さんの追悼集会京都

場所:京都市・三条大橋(河川敷)
日時:2月8日(日)午後5時~7時

※スタンディングと持ち回りで皆さんの思いを声にしてもらいます。ぜひ、思いを込めたプラカードを持参しご参集ください。
https://twitter.com/antifakyoto/status/562448270333448193

ANTIFA京都
打倒安倍自民。2015年4月の統一地方選に向けて動きます。この社会に公正と民主主義を!


編集元記事: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422952535/

  • 【関西歴史事件簿】三条河原の公開処刑(下) 老齢「太閤」妄執の残虐処刑…結局はこの非道“血の制裁”が豊臣家滅亡を招いた
  •  出典:産経WEST
     文禄4(1595)年8月、三条河原で執行された関白、豊臣秀次の一族ら39人の公開処刑は凄惨(せいさん)極まりないものだった。幼子は首根っこを捕まえて槍(やり)で突き、女人も次々と首をはねるなど、極悪人の処刑を印象づけるシーンの連続だった。謀反の罪で秀次を切腹させるにとどまらず、なぜここまで非情な行動に出たのか。これには当時の権力者、豊臣秀吉の老化による判断力低下と、わが子、秀頼の時代を万全にしたい執念のようなものが見え隠れしてくる。 [抜粋]

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © ニュース覚書 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

演目の種類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。